Help

17:52_11.13発売日旅8“iPhone12ProMaxパシフィックブルー 表面”AppleSIMフリー予約開始日6日予約済み!愛用7Plusと同等サイズ「驚きの特別なカメラ性能シリーズ最高峰」

  • 44

Photos: 17:52_11.13発売日旅8“iPhone12ProMaxパシフィックブルー 表面”AppleSIMフリー予約開始日6日予約済み!愛用7Plusと同等サイズ「驚きの特別なカメラ性能シリーズ最高峰」

Photos: 17:52_11.13発売日旅8“iPhone12ProMaxパシフィックブルー 裏面”AppleSIMフリー予約済み!愛用7Plus同等サイズ「Maxの特別なカメラを検証して分かった“こだわりの差” Photos: 11.13旅その4.Max&mini残2機種13日の金曜日発売“展示#iPhone12Proゴールド裏”品があり11Proより良いAppleらしさ「見えた買い換えへの決断ポイントと新しいProの定義」

日が短くなり、気づけば11月も半ば…まだ9月の気がする。もぅXmas、もぅ2020終わりそうなんて信じられない。

この頃、暑い25℃…疲労がこの日から1週間経ってもつづく少しは…食事も栄養まともにない、寒い、弱い体、ストレス家、だから体力もない。

驚きの特別なカメラ性能「2020年シリーズ最高峰」を実際に使ってみた 11.10
「2020年のiPhone 12シリーズ最上位モデルとなるのが11月13日発売のiPhone 12 Pro Max(税別11万7800円~)。5G、A14 Bionicなどの高い基本性能に、6.7インチのより大きくなった画面、広角カメラを含むまったく新しい3つのカメラとLiDARスキャナを加えた特別なカメラシステムを搭載した1台の使用感を、先行レビューでお届けする。
…iPhone 12 Pro Maxも、ほかのモデルと同様、側面が垂直に立ち上がるソリッドなデザイン、言い換えれば、厚さ7.4mmの板状のデザインへとシンプル化された。ディスプレーサイズは6.7インチへと拡大されている。
その側面はステンレスの鏡面仕上げとなっているが、ゴールドモデルは特別なコーティングが施されており、より頑丈で、ほかのモデルよりも指紋がつきにくく、ついた指紋も拭き取りやすい。とはいえ、iPhone 12やiPhone 12 miniなどマット仕上げのアルミニウムモデルに比べると、やっぱり指紋は目立つ。
毎年サイズは少しずつ拡大しているが、2020年モデルは高さ1.2mm、幅0.3mmにとどまり、重さは昨年から据え置きの226g。両手で握る筆者からすれば、あまり大きな変化は感じられなかった。
…特別なカメラという特典もついてくる。
iPhone 12 Proと同じように広角・超広角・望遠の3つのカメラと、ARだけでなくカメラやビデオのオートフォーカスに利用するLiDARスキャナを組み合わせた「プロ仕様」のカメラシステムを搭載する。しかし、iPhone 12 Proとは異なる部分がある。
まず1つ目は、広角カメラだ。iPhone 12シリーズではf1.8からf1.6へと明るくなっているが、iPhone 12 Pro Maxではさらにセンサーサイズが47%拡大し、そのセンサー自体を動かすことで手ぶれ補正を行う仕組みが備わった。
明るいレンズ、センサーサイズの拡大、センサーシフト式の手ぶれ補正を組み合わせることで、暗所性能は格段に高まる。撮影の際の手ぶれをほとんど抑えることができ、シャッタースピード5分の1秒という、通常のカメラでは三脚がなければブレてしまうような場面でも、iPhone 12 Pro Maxのカメラはビシッと止まった画像が得られる。
明るい場所では、大きくなったセンサーサイズによる美しいボケ味も魅力だ。iPhone 12でも背景はボケるが、少し背景が散らかってしまう印象を受け、ポートレートモードを積極的に使いたくなる。しかしiPhone 12 Pro Maxの広角カメラは、ポートレートモードを使わずとも、背景を自然に柔らかな雰囲気でぼかすことができる。
とくに、ポートレートモードが利用できないビデオ撮影の際、背景のボケ味のキレイさを生かす撮影は、このモデルの特別な点だ。
…iPhone 12 Pro Maxのカメラの特別さは、望遠カメラにも備わる。これまで広角の2倍(52mm相当)だった望遠レンズは、新たに2.5倍の65mm相当に変更された。これにより、被写体をより大きく近く写し出すことができるようになる。
…一方、これまでよりも大きく被写体を写し出すことができるため、昆虫や植物のような、微細なモノや被写体の細部を写し出すマクロ撮影のような使い方も広がるのではないか、と思う。
またカメラ撮影全般で、光量が足りない場所ではLiDARスキャナを利用したオートフォーカスの高速化や、ポートレート撮影ができるようになった。その副次的な効果として、今までポートレートモードで撮影しにくかった透明なガラスのコップやストローなどが、きちんと被写体として認識できるようになり、コンピューター処理を活用する写真撮影の精度が高められている。[iPhone 12 Pro Maxの作例]
新しい広角カメラ、そしてより大きく写し出せる新しい望遠カメラの組み合わせは、その得られる結果や撮影体験も含めて、普段からカメラを持ち歩いている人の気持ちを大きく揺さぶるものだ。
簡単に言い換えれば、撮影がとてつもなく楽しいカメラ。これを、パンツの前は無理でも、お尻のポケットに収めることができるのが、iPhone 12 Pro Maxだ。
…一方iPhone 12 Pro Maxは、よりスマートフォンにポジティブに、あらゆることをスマホに集約していこうという人にとって、6.7インチの大画面は大きな武器になる。…」
https://toyokeizai.net/articles/-/387738

新品未開封品 国内版SIMフリー iPhone 12 Pro Max 256GB パシフィックブルー
https://twitter.com/y4uk/status/1329817996840161281

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.